生活しよう

奈良県という所から来ました。自主制作アニメーション制作中でございます。

かわいい二人

f:id:ruixisan:20170625231916j:plain

 You Tube小沢健二の比較的最近のテレビインタビューを観ました。おれもこんな感じで歳を重ねたいと、なぜだか強く思わされました。ただ、現在の彼のどの点を指して「こんな感じ」と思ったのか、自分でもはっきりしないところはあります。

  曖昧な言い方になりますが、世界(海外の国々という意味ではありません)に対する好奇心を保っているところのように思います。五年後、十年後、二十年後、果たして自分はそれを維持できているだろうかと想像してみると、なにやら気が引き締まります。

 父が時々「まあおれもあと十年や」と言うようになりました。もはや娯楽といえば芸能ゴシップとビッグコミックオリジナルくらいの生活のようです。それを見ているおれは、少し悲しく思うと同時に、自分はこうはなるまいと決心し、己が少し高みに引き上げられたかのように錯覚するのです。あ~。

 あとは単に見た目ですかね。やっぱりオザケンはいい枯れ具合してて魅力的です。